固定ページ

2008年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Access counter

Online counter

現在の閲覧者数:

狂乱家族日記 第1話 凶華様、君臨す!

Online Videos by Veoh.com

わしは基本的に午前1時には寝る事にしてます。 んで、まぁ大体翌日は朝8時に起きますから7時間くらいの睡眠時間って事でしょか。 どーもそのくらいの寝ないと頭の回転があがりません。脳内エネルギー足りてませんね。 で、住んでいるのが田舎のせいで、地上波TV放送の受信感度はあまりよくないです。 早いとこ地上波デジタルに切り替えたい所ですが(地域的には受信可能地域にはなっている)、いかんせん先立つものがないのが玉に瑕で。

びんぼーがわるいんやー。

まぁそんな事もあって基本的に地上波TVの深夜アニメは見てません。 録画してまで見たいとも思わないし、電波の受信感度も悪い地域だし、地上波TV放送を録画できるのは居間にあるビデオデッキだけだし、とあまりいい条件がないんで。

だからVeohでそんな観てない深夜アニメなんかを見つけてしまうと、ちょいと見入ってしまったりもしますよ。

最近そーやってVeohで見つけて見入っているのがこの「狂乱家族日記」。 これもまたライトノベルのアニメ化作品らしいです。 最近こー言うの多いっすね。活字離れは多少軽減化されたって事でしょか。

さて、このアニメ、現在Veohでも22話まで確認できるんで、今年の春先から放送してたんだろうけど、アニメとしての人気はそれほど高くはないみたい。

ネットで同人誌なんかを漁ってても、この作品を基にした同人誌はとんとお目にかかったことがない。

自分なりに分析してみると、やっぱりこのアニメでは「萌えられない」って事なのかと帰結してしまう。

まず基本登場人物達が血縁はないけど「家族」として暮らしている事。 家族愛ってのは美しいけど萌える対象にはなりにくいわな。

メインヒロインの凶華も猫耳、猫しっぽ、ロリ体型と絵面だけなら萌えられるんだろうけど、天上天下唯我独尊の性格はあまり好かれる性格じゃないし、しかし時々「人の親」として至極真っ当な事も言う。 わし的にはこーいう真っ当な事を言うキャラは嫌いじゃないのだが、世間的には”自分勝手なことをしているくせに人には説教くさい事を言い強いる”みたいに観るのかもな。

しかしそれ以上に萌えない理由は、アニメにした際の絵柄にあるようにも思う。 初期のものはそうでもないんだが、中盤ごろからの絵柄を見て何か他の作品に似てる感じがして、ようやくそれが「クレヨンしんちゃん」だとわかった。

そーいやしんちゃんの映画って映画ファンとかの間では「泣ける映画」扱いされているけど、説教臭さって泣ける要素の一歩手前みたいなところもあって、つー事はしんちゃんの映画スタッフが映画ほど手をかけずにTVアニメを作ったら、この狂乱家族日記になるのかもしれない(汗)

これじゃ笑いのウケは取れても萌えには通じないな。

まぁわしはどっちかって言うと「萌え」より「笑い」の方に重きがあるので、これで十分面白いけどね。

亡念のザムド 第7話 「屹立 背負うは命か猫股か」

はい、またザムドです。 もうね、意地になって追いかけてます。 Veohがこうもダメだ、って事になると他を探さにゃって事で、方々探した末に見つけたのが「6.cn (六間房視頻)」という中華系の動画共有サイト。 アップロードしてから公開までに管理側が内容を審査して登録するか否かを決めるそうです。 まぁだから登録された物自体は内容的には問題なしって事らしい。審査の内容も著作権違反かどうかはまた別物って感じもするけどね。

で、第7話。 わし自身が6話未見なんで感想も中途半場になりがちだけど、7話の時点でアキユキに大分変化が出てきている。 最初の頃は「先端島に帰る」「一人で生きていける」と強がりにも似た我を叫んでいたアキユキだけど、ここではナキアミに感謝を表し、自分の思いを遂げる為に船長に頭も下げた。 ザムドとしての訓練も順調なようで、己の意識を保ちながらザムドの力で戦う姿も見せ始めている。

島に残ったハルとフルイチも垣巣率いる極東自治区に入り、ASPスーツ部隊に配属される。 ザムド化したアキユキと接した事があるせいか、ハルには実験体ザムドの声が聞こえたり、ザムドには見える、普通の人間には見えない「なにか」が見えているようだ。

こういう能力(?)があったりすると郡の中には居辛いだろうな。

ただ、彼女のような存在、つまりザムドを人として見て接する事が出来る人間が居れば、ザムド/ヒトガタと人間の共存も可能かもしれない。 もしくはザムド/ヒトガタになってしまった人も普通の人に戻れるのかもしれない。

【メッセージ】福田康夫総裁新春メッセージ_2008.1.1

でっかい乳とかでっかいケツが出てくる動画を入れるとアクセスカウンターがガンガン上がります。 よか事です。

でも、ここのレンタルサーバーはそーいうコンテンツだらけにすると、アカウント削除されるので、そればかりやっていられないのが辛い所(汗)。

つー事で、ちょっと社会派。 Youtubeにアップされている福田(元)首相の2008年年初の挨拶動画です。 現在、YouTubeには自民党をはじめ、多くの政党が「パートナー」と言う事で公式チャンネルを持ち、政治家たちの動画付きメッセージを自由に配信出来る様にしているんだけど、まさか福田本人も、こんな動画を撮った8ヵ月後に辞任なんて事になるなんて思いもしなかっただろうな。

ま、実際この時の動画をみても、国内政治に対して具体的に何をどーする、みたいな事はなんも言及してないし、そーいう意味でも底の浅さが見え隠れする動画ではありますがね。