しばらくろくたまブログを更新してませんでしたが、だからってまたまめに更新するわけでもありませんので。

んで、今回のネタはiPhoneとGoogleカレンダーのベストカップリングについて。

あくまでもこれは「わし的」ってのが味噌。
一般的でないところが、へそ曲がりのわしらしい所で。
まぁつむじも根性も捻じ曲がっているんで、今更どーって事はないがね。

A・デフォルトアプリの「カレンダー」とシンクロする方法
Googleで「iPhone Googleカレンダー シンクロ」みたいなキーワードで検索すると、多くのブログで紹介しているのがこの方法。
iPhoneにGoogleのアカウントを登録して同期する方法だ。

1・予めGoogleのアカウントを作っておく
2・iPhoneの「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」の項目をタップ
3・「アカウントの追加」をタップ
4・Microsoft Exchangeをタップ
5・設定項目欄が表示される。
メール:ここは適当で可
ドメイン:不要
ユーザ名:Googleのアカウントで設定したユーザー名
パスワード:Googleアカウントのパスワード
ここまで設定したら「次へ」をタップ
6・サーバの項目欄が表示される
サーバ:m.google.com と入力
7・同期範囲を設定する項目が表示される
メール、連絡先、カレンダーとあるので、カレンダーだけオンにする
8・完了をタップ

iPhoneカレンダーと同期

iPhoneカレンダーと同期

これでiPhoneのデフォルトアプリ「カレンダー」を立ち上げると、ちょっと待ち時間を経て、カレンダー内にGoogleカレンダーの情報が表示される。

確かにこの方法でカレンダーとGoogleカレンダーの情報は同期ができるんだが、わしの様にGoogleカレンダーに複数のカレンダーを作って予定を個別管理してたりすると、そこまで全部のカレンダーはこのままでは同期できない。

こういう場合の対応方法も、大概の場合は上記の検索キーワードで検索して表示されるページに一緒に記述されているんだが、その方法は

http://m.google.com/sync/

にアクセスして、iPhone用の設定をしろ、ってあるんだけど、仕様が変更したのか、説明したとおりの内容になってない。

どうもわしの場合の特殊なGoogleアカウント、つまりGoogle Apps for your domainを使った独自ドメインでのGoogleアカウントにまでは対応してないように思えるのだ。

まぁどっちにしてもこのままではイマイチ使い物にならん。

B・GoogleのiPhone用専用アプリを使ってみる

GoogleにはiPhoneでGoogleの各種サービスを利用しやすくする為のアプリ「Google Apps mobile」と言うものがある。
iTunes Appストアで無料でダウンロードが出来るので、これを試してみた。

設定の項目でGoogle Apps for your domainで使っているドメインと必要な設定をするとPCの操作とおよそ同じような感覚でGoogleの各種webアプリが使えるようになる。
要はそうしたGoogleアプリを使用するためのランチャーの様な物だと考えればいいだろう。

まぁGmailなんかはこれを使うとPCでもiPhoneでも同じ内容でメールの送受信が出来る。その点は便利なのだが・・・。

何時までも読み込み中・・・

何時までも読み込み中・・・

実はこのアプリ、どーいう訳か、カレンダーの表示をさせようとすると、当日の予定はすぐに表示されるのだけど、それ以外の日に移動しようとすると何時までも読み込み状態のままになってしまい、これはとても困る。
予定を確認したいと思ったときに即確認出来ないようではスケジューラとして失格だ。

C・TAKE24/7を使う
Googleカレンダーと携帯の情報を同期させるwebサービスとして、「TAKE24/7」というサイトがある。
無料で登録でき、携帯のキャリア、機種は特に問わずに同期、と言うか、Googleカレンダーの情報を携帯で閲覧し易いように変換して表示する機能をサポートする、というものだ。

ここのサービスにiPhoneも加わっているので、登録してみる。

TAKE24/7のサイトにアクセスし、ページ中央の「認証開始」のボタンをクリックすると、Googleアカウントのページにとび、ここで自分の使っているGoogleアカウント(for your domain使用可)を登録すると、TAKE24/7から専用のurlが発行される。
このurlにiPhoneのSafariからアクセスするとGoogleカレンダーのページがiPhone用に整理されて表示される事になる。

前述のGoogle mobile Appsに比べ、Googleカレンダーに特化したサービスだが、それだけにGoogleカレンダーの表示、複数のカレンダーの使い分け等は特に設定をしなくても即対応する。

更にプラグイン機能も持っており、Googleカレンダーに不足している部分をこれで補わせる事も出来る様になっている。
もっとも、現状でプラグインとして使用出来るのは、カレンダーの項目に天気予報を併記させる機能だけだ。
この辺は開発が停滞してるようなのでいたし方がないのだろうか。

どーもイマイチ・・・

どーもイマイチ・・・

これでまぁいいか、とも思ったんだが、しかしこれにも問題がある。

最大の問題はiPhoneでスケジュールを新規に追加する場合、追加するスケジュールは基本カレンダーのものしか追加できない。
わしの様に1アカウントでいくつものカレンダーを併用して、それぞれに別途のスケジュールを割り当ててたりすると、この辺の管理もPC上でのものと同じに出来ないと困る。
また既存のカレンダー項目も、例えば「予定のコピー」みたい機能は持ってない。

そーなると、これもどーも帯短襷長、と言えるかな。

D・Nuevasyncを使ってみた

ここまで試してきて、どーもどれも決定打、と言うのがない。
どれをとっても一長一短、選ぶに選べない状態だ。

そこで、更に方々ほっつき歩いてたどり着いたのが「Nuevasync」だ。

これはAのMicrosoft Exchangeを使ってカレンダーを同期する方法とCのWebサービスを利用する方法のあいの子のような方法だ。

1・Nuevasyncに会員登録する
登録するのは登録情報を確認するためのメールアドレスと、Nuevasync利用の為のユーザー名、パスワード。Googleアカウント用のID/パスワードではないので注意。
2・登録したメールアドレスに確認メールが送信されて来る。メール内のurlをクリックすると確認が取れる。
3・Nuevasyncにログインして、Googleの設定をする。
使用できるGoogleのサービスはCalendar、Contacts、Email、Tasksの4つだが、今回はCalendarだけ使用できればいいので、Calendarの項目のAction欄「change」をクリック。
4・Googleアカウントへ移行し、使用するアカウントの確認画面になる。
5・確認処理が終わるとNuevasyncに戻り、Calendarが使用できるようになったと表示される。
6・iPhoneの「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」の項目をタップ
7・「アカウントの追加」をタップ
8・Microsoft Exchangeをタップ
9・設定項目欄が表示される。
メール:Nuevasync登録時に使用したメールアドレス
ドメイン:不要
ユーザ名:Googleのアカウントで設定したユーザー名
パスワード:Googleアカウントのパスワード
ここまで設定したら「次へ」をタップ
10・サーバの項目欄が表示される
サーバ:www.nuevasync.com と入力
11・同期範囲を設定する項目が表示される
メール、連絡先、カレンダーとあるので、カレンダーだけオンにする
12・完了をタップ

シンクすると、iPhoneのカレンダーにGoogleカレンダーのデータが表示されているのがわかる。
こちらはAの時とは異なり、最初からこちらが普段Googleカレンダーで管理している複数のカレンダーが同時に表示されている。

予定項目の左、●の色が元のカレンダーと違うんだが、まぁそれは瑣末な事なので

予定項目の左、●の色が元のカレンダーと違うんだが、まぁそれは瑣末な事なので

予定を追加した場合も、どのカレンダーに追加するかを自由に選べる。

問題と言うほど大きな問題ではないが、カレンダーの色分けまではPCでの表示と動揺には出来ないでいる。

カレンダーを一覧した際に、色分けした事で大雑把な予定を瞬時につかめるようにしてたのだが、故に、予定と色の組み合わせがある程度覚えてしまっているので、今更そこを変更されるとちょっとつらいのだ、しかしこの程度なら逆に慣れで何とか収める事が出来る範囲なので、これ以上は突っ込まない事にしておく。

とりあえず、現状でのわし的なベストな組み合わせは、どーやらnuevasyncでiPhoneカレンダーと同期させるのが一番都合がいいようだ。
しばらくこれでやってみようと思う。

著者

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です