さてもまたしてもIS01です。スルメの様に噛めば噛むほど味が出ますわ。

image

前回の投稿でも書いた通り、IS01+Skype auはわしの様な使い方をする人間には適さない代物だった。3Gの音声回線を使う事を前提にし、Wi-Fiでの使用はそのおまけ、的な作りでは、ICカードを抜いてWi-Fiオンリーで使う使い方を封じ込められたようなもの。

Skypeの持つ自由さを阻害されている様な気もするんだけど、しかしそれならそれでまた別のアプローチを考えなきゃいかん。

 

WebでいろいろIS01とSkypeの事も調べてみたんだけど、例えばアメリカのAndroid Marketには本家SkypeのAndroid版があるが、OS2.1以上が必要とか日本と中国は使用対象外とか、OS1.6且つ日本で使っているIS01には敷居の高い話だ。

そこで迂回策としてskypeと互換性のあるインスタントメッセンジャー(IM)ソフトを探してみる事にした。

かつてiPhone用skypeが出てくる前にflingというアプリを使っていたのを思い出し、これはskype以外にもYahooメッセンジャーやMSNメッセンジャー等複数のIMと互換性のある物だった。これと同じ様なものがAndroid Marketにも登録されているので、そこから使えそうなものはないか探してみる事にした。

 

で、取りあえず今回使ってみる事にしたのが「truphone」だ。

これもいわゆる複数のIMと互換性のあるアプリだ。

Skypeの他にもMSN,AIM,Google Talkと互換が取れるらしい。

この手の互換IMを使う場合、その互換IMの利用の為のアカウントを取得し、更に使用するIMのアカウントも登録しなきゃいけないのが個人的にはあまり好ましく感じないのだが、まぁ背に腹は代えられんなぁって事でIS01用に取得したgmailのアドレスを使ってアカウント登録をする。

 

いつも使っているデスクトップPCのSkypeアカウントを登録、サインインする。

互換IMなのでサインインまで若干時間がかかるが、エラーにはならない。

完了して少し待つとskypeのコンタクトリストが降りてきた。いつも使っている見慣れた名前のリストだ。

わしは殆どの場合、音声通話よりテキストチャットを使用しているので、ここに表示されたコンタクトリストから適当に選んでみると、画面下にテキスト入力枠が表示される。

ここに適当に入力して送信をタップ、またはエンターキーでも送信出来る。

テキストでの送信に際してはさほどの遅延は発生してないようだ。

 

音声通話は試してないけど、そこまで使う気はなかったりする。

iPhoneでもskypeはインストールしてるけど、基本的にテキストチャットの為の物なので、世間で言うほど音声関係は注視してない。なので、これがちゃんとを使えればそれ以上は望む必要もないって感じ。

 

ただまぁ、truphoneはどうしても国内の利用者が少ないようで、検索しても情報がなかなか集まらなさそうだ。ま、辛抱強く検索していきますかね。