2018年11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Access counter

Online counter

現在の閲覧者数:

帰って来たIdeaPad A1

IMG_02224月の月中に修理に出したままになってたLenovoのタブレットIdeaPad A1がようやく帰って来た。

実に1か月半以上もかかってのご帰還だ。

 

修理に出した時の状態は

(1)スタンバイ状態のまま3時間ほど放置しているとシャットダウンになってしまう

(2)PCとUSBケーブルで接続しても外部ストレージにならないし、マウント画面にならない

という事で、特に(1)の状態は継続して使用する事が出来ない程の大きな問題だった。

この事あってLenovoのサポートに相談したところ、ピックアップ修理と相成ったのだが、当初は2週間位で修理が終わる位の話だったのに、その後待てど暮らせど一向に戻ってくる様子がない。

連休前だから立て込んでるんだろうと思い、5月の連休明けまで待ってみたがそれでも何の返事もない状態。

 

思い切って5月の月中にLenovoに連絡を取った所、

修理の為の部品が欠品しており、まだ完了していない

という事で更に待たされることになった。

そしてさらに半月待ち、カレンダーは6月になったが昨日6月5日に佐川急便の不在通知が舞い込み、今日6日の午後に受け取る手配をしてようやく修理完成品を受け取る事が出来たという訳だ。

 

Lenovoからの修理報告書によると、システムボード、ボリュームボード、LCDモジュールの3点を交換したとある。

上記のこちらが申告したトラブルはシステムボードの不良で解決する様なのだが、ボリュームボードとLCDモジュールはこちらが申告してないにもかかわらずLenovoの方で不良を認定してついでに交換する事ににしてくれたらしい。

いやいやしかし、これではぶっちゃけ外装とバッテリー以外はほぼ新品って状態じゃないかしら(笑。

 

さらにOSシステムのビルド番号を見ると、A107W0_A234_001_017_2644_ROWになっている。

実はIdeaPad A1は当初、一部の漢字に中華系のフォントが混じってしまっており、日本語で表示させるには些か不具合のある状態だったのだが、1月頃にシステムアップデートが行われ、ビルド番号がA107W0_A234_001_015_2643_ROWになればこの漢字フォントの問題は解決すると聞いていた。

戻ってきたところで早速このビルド番号を確認しようと思ったところ、なんとそれ以上のビルド番号が付いた状態で戻ってきたのだ。

これはちょっとうれしい誤算。

root取ってフォントを入れ替えなくても、システムアップデートをしなくても、フォント問題は解決していた、って事だ。

これでしばらくはIdeaPad A1で遊ぶ事が出来そうだ。

とは言えタブレットはこれで既に5枚(iPad2、ASUS TF101、ONKYO TW317A7、EKEN M003、そしてIdeaPad A1)、そろそろ使い分けが難しくなって来たなぁ(汗。

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">