毎月恒例のTOP画像更新ですが、今回は8月公開の映画「劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」にしてみました。

ところで、この映画版にはクウガの新フォーム『ライジングアルティメットフォーム』なるものが出るそうです。

なんかねぇ・・・平成ライダーシリーズで一番好きな「クウガ」が、こと「ディケイド」と言う作品の登場によって汚されていると言うか、そんな気分になる時があるんですよね。

特にTV版の「電王の世界」でのユウスケの扱われかたってどーよ、って思いますよ。
クウガゴウラムに変形、まではよいとしても、その尻に電王ソードフォームのデンガッシャーソードの刃を突っ込まれて、上下左右に振り回されて・・・みっともないったらありゃしない。

他の回でもいちいち「ここが俺の世界」とか「俺はこの世界に来る為に旅してたんだ」みたいな事を何度も口にして。
君の世界は最初にいた「クウガの世界」だろーよ。

そして、「仮面ライダーに変身できる人間が身内に2人」もいるにもかかわらず、ユウスケがクウガに変身するのはごくたまに、本当に思い出したかのように変身してるってのを見ると、

別にユウスケ、一緒にいなくたっていーじゃん

って思うんだよなぁ。
そこへ持ってきて、今度の映画版のライジングアルティメットって・・・なんなんでしょ、これ。

ライジングフォームってのは、アルティメットフォームの能力がADEの電気ショックで部分的に開放されたもの、って解釈なんだから、アルティメットフォームに変身出来たって事はそれで能力全開放だったはずなのに。

なんか、「ドラゴンボール」の孫悟空がスーパーサイヤ人>2>3と、後付け設定でどんどん強くなっていくみたいで、あきれ返るしかないんですがねぇ、こー言うのは。

著者

admin

えっ、ライジングアルティメットって・・・? Comment

  1. ドラゴンボールZと同様、最早本来の設定を忘れて、ウケに走らんがための暴走設定なんでしょうかねぇ。

    LIB.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です